すき鍋

すき鍋(鋤鍋)とは、すき焼きを作る時に用いられる鍋です。
一般的にすき焼き鍋と呼ばれる、鋳鉄でできた厚みのあり、底が平たくて丸くて浅い鍋です。

この形は、熱したときに鍋の全体に熱が均等に伝わって、油や水を注いだときに
なじみやすく広がっていくことからだそうです。

こんなやつ
すき鍋




今、紙すき鍋というのが流行っています。
ちょっと料亭で食べている気分になれます。
それになんかオシャレです。

こんなやつ


紙すき鍋ならこちらが安い


最初お店で食べたときって、破れないのか?燃えないのか?って心配になりますよね。
この前食べにいった、ふぐ鍋でも紙すき鍋が使われていました。


うどんすきには、アルミのうどんすき鍋が使われるみたいですね。
ちょっと底が深くて丸くなってるやつです。

もともと関西の料理店が考え出したものだそうです。
ちなみに、関西のうどん屋にはなぜかいなり寿司があります。

うどんすき鍋 こんなやつです
うどんすき鍋