すき焼きレシピ いろいろ

北海道や新潟のすき焼きでは牛肉だけでなく豚肉も使います。
これは北海道や新潟などでは牛肉が高価だったためであり、牛肉を食べる習慣が
あまり無かったためです。しかし現在ではすき焼きに牛肉を使う場合が多いそうです。
すき焼きレシピって地方でいろいろなアレンジがあるようです。


●京都風
京都式すき焼きは最初に肉を焼いて食べるそうです。基本は関西風です。
熱くなった鍋に牛肉を広げて敷きその上に、砂糖、醤油を小さじ1杯かけます。
それが焼けたら、溶き卵につけて食べます。

次に、
白ネギから焼き始めます。
次に材料を入れていき、材料の上に砂糖、醤油をかけていきます。
味が薄ければ足し、濃ければ白菜を入れて調節します。
水分が多くなれば麩を入れて水分を吸収させます。


●コーラで作るすき焼きレシピ
コーラと水を1:1 沸騰したら醤油、塩、酒で味を調えます。
材料を入れて沸騰して食べ頃に食べる
コーラで肉が軟らかくなるので美味しいそうです。
ちょっと勇気がいりますがチャレンジしてもいいかも。
水分が減ってきたらビールを入れる。そうするとお肉が柔らかくなるらしいです。
そしてうどんを入れるときもカレー粉を少しいれても美味しいんですって。