関東風レシピ

すき焼きレシピ 関東風
関東のすき焼きは、明治時代に流行した牛鍋がベースとなってます。
だし汁に醤油、砂糖、みりん、酒などの調味料を混ぜ「割り下」と呼ばれるもの
を用意しておいて、このわりしたで牛肉を煮込みます。
肉の近くしらたきを入れるとお肉が硬くなるので離して入れます。

すき焼き材料(関東風の例)4人部
薄切り牛肉 - 400g
焼き豆腐 - 2丁
白菜 - 1/2個〜1個
白ねぎ - 2本
しらたき - 1玉
生シイタケ - 12枚
春菊 - 1束 (100gくらい)
牛脂 - 適量
溶き卵 - 適量
うどん - 1玉〜2玉

その他材料
えのき茸やごぼう、じゃがいもなど


割り下材料
醤油 - カップ1/2
みりん - 大さじ3〜4
砂糖 - 大さじ3〜4
料理酒 - 大さじ3〜4
だし汁 - カップ1/2


関東風すき焼きの作り方は
食材は食べやすい大きさに切っておきます。豆腐は8等分にします。
割り下材料を小鍋で一煮立ちさせときます。
すき焼き鍋に肉を広げていれ、割り下を入れて肉や野菜と一緒に煮込みます。
火が通ったら溶き卵につけて食べます。
最後はうどんを入れて、食べます。

関西なので関東風すき焼きのすき焼きは食べたことがありません。
機会があれば一度作ってみようと思います。