すき焼きっていつから?

すき焼きは、日本では幕末になるまで、仏教の戒律のために牛肉を食べることは
行われていなかったのですが、別にすきやきと言われる料理は存在していたそうです。

「杉やき」とよばれる鯛などの魚と野菜を杉材の箱にいれて味噌煮にする料理が
あったそうです。
また、農具の「鋤」の上で鴨などの鶏肉やくじらの肉を焼いて食べる焼肉であったそうです。

この2種類の料理がすき焼きの起源と言われているみたいです。
すき身の肉を使うから、または好きな物を焼くからという説もあります。

このようにすき焼きの歴史にもこれといって決定づけられたものはないみたいです。
私は好きな物を焼いて食べることからすき焼きになったものだと思ってましたが、
まさか農具の鋤からっていう説には驚かされました。


今のすき焼きは、横浜で居酒屋をしていた人が牛鍋屋を開いたことから東京でも
流行したそうです。
この関東の牛鍋に対して関西では先に焼いた肉の上に割りしたを張る
すき焼きが行われており、次第に関東でもこのすき焼きという名称が定着していったそうです。